中学生・高校生のわきがが急増!わきがの悩みが本当につらい。。。

近年、欧米食の発達によって日本人のわきが率が増加し続けています。
そんな中でわきがの悩みを抱える中学生や高校生の数もどんどん増え続けています。早い人では小学生からわきがで悩んでいる人も少なくありません。
そんなわきがで悩む中高生ができるわきが対策にはどんなものがあるのでしょうか?

デリケートな思春期の中高生にできるわきが対策や家族ができるフォローについてここでは紹介していきます。

中高生でわきがが発症するのはなんで?

中学生・高校生の時期は第二次性徴の時期でもあり、思春期で多感な時期でもあります。
そんな中で襲ってくるわきがという悩み。多感な時期であるからこそその悩みの深さは計り知れないものがあります。

わきがの発症にはホルモンが大きく関わってきます。
中学生・高校生の時期には身体が大人になっていく過程でホルモンバランスの変化が起きますが、じつはこのホルモンバランスの変化がわきがの発症につながってしまうのです。

わきがの発症はどうにもできない?

人によってはわきがの原因である汗を出すアポクリン汗腺を持っていても、わきがになることがない場合もあります。
しかし、アポクリン汗腺を持っていた場合、わきがの発症は人の体の成長によって起きるものですからほぼとめることはできません。

人に相談することができない時期だからこそ、このとめられない悩みに大きな傷を負ってしまいます。

わきがを軽くする方法はあります!

わきがで悩んでいる人は世の中に10人に1人の割合で存在します。
それだけ多くの人がわきがで悩んでいる分かると「僕・私だけじゃないんだ!」と少し安心しませんか?
そして、わきがで悩む世の中の多くの方がわきがの対策を行って、日々の生活を送っているんです。

先にも紹介しましたが、わきがはアポクリン汗腺という汗腺からでる汗が皮膚に存在する細菌に分解されることでにおいを放ちます。なので、簡単にできるわきが対策としては「制汗剤で汗を止める」「汗をかいたら1時間以内に清潔にする」という2つの方法をとることができます。

お金がないからどうにもできない。。。
と悩まずに、まずはわきがを軽減する方法をとってみましょう。

洗いすぎは絶対NG!
わきがを抱える中高生の多くが犯す過ちがあります。それはお風呂場でゴシゴシわきを洗ってしまうこと。
わきの皮膚はとても弱いので、強く洗ってしまうと皮膚に細かい傷がたくさんできてしまいます。傷ついた皮膚は、汗を分解して嫌なにおいを出す細菌にとってとても居心地のいいところになってしまうので、汗を分解する力が強まります。
その結果、汗をかいたときのわきが臭が強くなってしまうんです。

わきを洗うときは優しく、汗だけを流す感覚で洗ってください。それだけでわきが臭が収まる人もたくさんいますよ。

制汗剤で汗を止める方法
制汗剤は持続効果が薄いです。なので、学校に行く前、昼休み、下校時の3回くらいに分けてトイレなどで制汗剤を使用することをお勧めします。
汗をかいてから制汗剤を使うと効果がないわけではありませんが汗で制汗剤の成分が流されてしまうので、汗をかく前に使用するのがベストです。
また、中高生は香りの付いている制汗スプレーや制汗剤を使用することが多いですが、わきが症の場合は香りつきの制汗剤の使用は控えてください。
外国では「わきが+香水などの香り」を個人の個性というような認識を持っていますが、日本人はにおいにとても敏感です。わきが臭とデオドラント剤の香りが混ざると普段以上にわきが臭が目立ってしまう恐れがあるので、制汗剤を使う際には無香料のものを選ぶようにしましょう。
※銀イオンの制汗剤には殺菌・抗菌効果があります。わきがは皮膚にいる細菌の活動が活発な場合にもひどくなってしまうので、制汗剤には銀イオンの含んだものを選ぶといいでしょう。

汗をかいたら清潔にする方法
わきがの臭いは汗をかいてから1時間〜2時間後に発生します。これは皮膚の細菌が汗の分解を始めるのが汗が出てきてから1時間〜2時間経った後だからです。
なので、汗をかいてすぐに拭き取ってしまえばにおいを発生させることはありません。体育の時間にはタオルを持参すること、汗を良くかく時期にはハンドタオルを常備してすぐに清潔な状態を保てるように準備をしておきましょう。
※強く拭き過ぎると逆にわきがを悪化させる可能性があります。優しく汗を拭うだけで効果はありますので、力を入れすぎないようにしましょう。

わきがの悩みを無くす為には何をしてあげたら良いの?家族で行うわきが対策

中高生のわきがの悩みを無くすには、周囲の理解が欠かせません。
ご自身がわきがで悩んでいるなら、わきがは遺伝によって起きるものなので、家族にわきが仲間がいる可能性がとても高くあります。恥ずかしいかも知れませんが、思い切って両親に相談をしてみてください。意外と「私も・俺もわきがだよー。」と気さくに教えてくれるかもしれません。そうなったら自分がわきがでも家族で共有できることで少し気持ちが軽くなると思いませんか?

また、多感な時期だからこそご家族の協力が必要不可欠になります。なので、ここからはご家族が強力できるわきが対策を紹介していきます。

食生活の改善

中高生の時期ってとてもたくさんの量を食べる時期ですよね。まだまだ若いから揚げ物やコレステロールなんて無視した食事でも難なくぺろりと平らげてしまいます。
しかし、これはわきがを悪化させる原因になってしまうんです。
コレステロールや中性脂肪の多い食事はわきがの原因となるアポクリン汗腺から出る汗の成分を濃くする働きと、発汗量を増やしてしまう働きがあります。また、カフェインや香辛料も同じ結果を招くことになるのでなるべく控えめにして、野菜中心とした食生活をさせてあげてください。

こっそり洗濯物で援助

わきがの汗って洗濯ではなかなか落ちないんです。なので、わきがで悩んでいるお子さんをお持ちのお母さんは洗濯のときに食器用の洗剤でお子さんの服のわきの辺りを洗ってあげてください。わきの部分に汗が残っていると皮膚に触れたときにわきがを発生させ手しまいます。
また、洗濯物が乾いたら銀イオンの消臭剤やファブリーズなどで除菌もしてあげてください。服に残った汗で臭いが戻ってしまうからです。

絶対にからかわないでください

もし親御さんがわきがで、自分が乗り越えた道だとしても、本人にとっては想像できないくらいつらい悩みです。元気付けるつもりでも絶対にからかうことはしないでください。

手術という方法もあります

手術でわきがの原因となる汗を出す汗腺を取り除く方法もあります。しかし、未成年で手術をすると再発のリスクがあるので、手術はお勧めできません。

わきが専用の対策用品を用意してあげてください

中学生・高校生の子供たちはわきがの悩みを抱えても家族にも相談できず自分のお小遣いで何とかしようとしまいます。
わきがクリームなどのわきがに効果のあるクリームやスプレーにはある程度値段の高いものも多く、また、効果の薄いクリームなども存在します。

効果のないクリームを試して自分の遊ぶお金をなくしてしまう子もいます。
お子さんがわきがで悩んでいることに気がついたら勇気が必要かもしれませんが、わきがクリームをプレゼントしてあげたりとそっと手を差し伸べてあげてください。